HOME > 熱伝導率測定装置
熱伝導率測定装置

熱伝導率測定装置

サーマルインターフェイスマテリアルテスター

各種材料の熱伝導率・熱抵抗を測定できます。

サーマルインターフェイスマテリアルテスター

TIM Tester:モデル1300 及び モデル1400
本装置は、米国規格ASTM D5470に準拠した定常法熱伝導率測定装置です。 本装置は、世界でNo.1のシェアを誇っており、得られたデータはグローバルスタンダードデータとして評価されます。

特長

  • 各種材料(グリス、ペースト、ジェル、ゴム、セラミック、プラスチック、金属等)の熱伝導率及び熱抵抗を自動で測定
  • 相変化材料(Phase Change Material)の熱伝導率測定も可能
  • WinTIM ソフトによる簡易な設定と熱伝導率データの自動計測
  • 電子センサーによるサンプルの厚みの自動計測
  • サンプル温度自動制御
  • 荷重の自動制御
  • 各種材料の形態に合わせて荷重制御モードと厚さ制御モードを選択可
  • 広範囲な荷重設定(5 psi ~380psi)
  • サンプル温度設定(モデル1300: 20℃~65℃、モデル1400: 20℃~130℃)
  • データは自動でプロット化されRA vs 厚みや圧力の関係を簡単に作成可

熱特性測定イメージ

アクセサリーパック

TIM Tester モデル1300/1400用 のアクセサリーパックは以下となります。

  • Tc キャリブレーターと TIM キャリブレーター等の校正器
  • クイックコネクター付きの冷却ホース (2m)
  • 加圧エアーチューブとクイックコネクター

テストサービス

各種材料サンプルについて、 ASTM D5470標準規格による熱伝導率及び熱抵抗測定のテストサービスを行っています。